Yoshimura 茶事記74号WEB用 - Page 6

荒茶工場。 香りと蒸気、音、五感で感じる時間でもある。 お茶摘み体験教室 茶摘み前の説明をする社長と茶畑の世話をする会長。 ボケとツッコミのような役割分担。 天ぷらを人数分揚げる 奥様とスタッフ。手際 の良さは経験の賜物。 「正しい食」を感じさせる昼食。 すべて手作り。 ではお茶の品種で一番多いのは何で に語りかけてい ながら実はママ ながら、 参加者はとても楽しそうだ。 つながっていく。茶摘みで手を動かし 側 に ね …」 と お 茶 の 雑 学 の 興 味 へ と 盛り上がる。そして「実は竹ヤブの北 の色の比較をし 須で淹れたお茶 トルのお茶と急 で す。ペ ッ ト ボ 器に水の分量の目盛りまで急須で り の ま っ と う な 和 食 だ。 茶 飯 は 炊 飯 天 ぷ ら、新 芽 の お す ま し な ど、手 づ く 堪 能 す る 。ラ ン チ は 茶 飯 、新 芽 の して荒茶が蒸される清々しい香りを 「ほんとにいい匂いだわー」と深呼吸 もカレー』にしたのですが、おどろく 気 の 七 大 ア レ ル ゲ ン 不使用の『こど 出 し ま す 。お 子 様 に は カ フ ェ で も 人 バージョンではなく皆様に ラ ン チ も 教 室 』 に 進 化 さ せ ま し た。シ ョ ー ト 大 人 の 教 室 を 減 ら し 『親子お茶摘み こ れ が 大 変 好 評 だ っ た の で 、今 年 は い た だ く よ う に 組 み 立てています。 と は 何 か、言 葉 だ け で な く 実 感 し て お茶を淹れて炊くのだと、実際の作り ほど好評でした (笑)」 歩み方なのではないかと思う。 おづつみ園の強さは