Yoshimura 茶事記74号WEB用 - Page 4

「はなあゆ」外観。 もこもこ抹茶ラテ ホットもアイスも、 びっくりするほど モコモコです。 ミルクを注ぐと モコモコが発生 します ! ので、僕は『場』とか『間』ととらえて とか居心地が評価されるんです。もち と い う こ と。 器 と か 飾 り 花 と か 空 間 ない。 『食の本質』ということを最近 い ま す 。そ ん な 、求 め ら れ て い る で よく考えるのですが、誰と食べるか? ろんお茶のおいしさは外してはいけ 主要顧客の高齢化による茶葉消費 ど ん な 風 に 食 べ る か? ど う 食 べ る ないポイントですが、舌で感じるおい の 減 少、日 本 全 体 の 人 口 減 少 な ど を か? と い う こ と が、実 は と て も 重 要 あろう『場』や『間』を創出することが 鑑み、現在茶葉ではなくペットボトル なんだと考えるようになりました」 新しい手段なのではないか、と考えて を購入している世代が消費の中心に ●こだわり抜いたメニュー しさは最低ラインの必要条件でしか なったら、日本茶の茶葉の消費は現在 いるのです。 」 の1/3になると見越し、現在の三十 間を営業しながら食事メニューの 月から食事の提供を始めた。約四ヶ月 昨年十月にプレオープンし、今年二 に、 カフェ「はなあゆ」 をオープンした。 練 習 期 間 に あ て、ど ん な ス タ イ ル で 歳代、四十歳代に商圏を拡大するため 二十年後を見据えた挑戦だ。 ふわふわの気合がちがう抹茶ラテ」と 素敵な仕掛けがあります」 「モコモコ 洗 い 場、要 チ ェ ッ ク で す。 不 思 議 で 思える凄いすわり心地」 「トイレの手 座るだけでも来た甲斐があったと 入るような空間がある」 「この椅子に こだわりがひしひしと感じる茶室に サイトには「ドアを開けると、店主の ほ ど お し ゃ れ な 空 間 だ。 某 グ ル メ わりや遊び心がのぞく、びっくりする か ら 命 名 し、随 所 に 尾 堤 社 長 の こ だ あゆ』は「はる・なつ・あき・ふゆ」 レタスとトマト B L T サ ン ド。 板メニューの たとえば看 の想いは深い。 たい…尾堤社長 か? 正 し い 食 の あ り 方 を 未 来 に 伝 え し い。そ れ こ そ が 〝 偽 装 〟で は な い の よ う に 入 れ て、表 示 し な い の は お か 旨 味 を 加 え る。 無 い も の を さ も あ る 化 学 調 味 料 は、本 来 そ の 食 材 に 無 い 独 自 固 有 で あ る こ と に こ だ わ っ た。 を 使 わ な い メ ニ ュ ー だ。よ そ に な い、 行き着いたのは無化調、化学調味料 提供するのか試行錯誤を重ねた。 ●食の本質は何か ? 女性建築家集団 WHAIS (ワイズ) 共感のレビューが並ぶ。 は春日部産を の メ ン バ ー が 手 掛 け た カ フ ェ『 は な 「やってみてわかったのは、 お客さん 調 達 し た が、 4 は意外とお茶のことはどうでもいい、 こだわりの BLT サンド。 西口ふじ通り店と同じ敷地に カフェ「はなあゆ」は建てられた。 トイレの手洗い場。必見です。 カフェメニュー。 カフェ店内。椅子の座り心地にはしみじみ癒される。