RSTR Magazine Issue #08 - Page 28

МЕЧНИКОВ Илья Ильич

生誕 1845 年 5 月 15 日 , ロシア帝国 死没 1916 年 7 月 15 日 ( 71 歳 ), フランス パリ 出身校 カルコフ大学 研究機関 オデッサ大学細菌学研究所 、 パストゥール研究所 主な業績 免疫学 主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞 ( 1908 ) 、 コプリ・メダル ( 1906 )
ロシアの微生物学者であり 、 動物 、 食細 胞学者です 。 1908 年 、 免疫食細胞の研 究においてノーベル生理学・医学賞を受 賞しています 。

9

当時 、 免疫は結成中の抗体などによるも のだけだと考えられていましたが 、 彼は 腸内の食細胞による免疫機能の存在を 唱えたことで有名です 。
晩年には老化に関する研究を進めまし た 。 彼は乳酸菌が腸内の環境を整えて悪 玉菌の増殖を防ぐことが老化予防になる と唱え 、 世界中にヨーグルトが普及する きっかけになりました 。 また 、 自らも進ん で ヨ ー グ ルトを 食 べ 続 け て い まし た 。 彼 の研究はプロバイオティクスという言葉 で現在も評価されています 。

26