RSTR Magazine Issue #08 - Page 21

2

БУТЛЕРОВ Александр Михайлович

生誕 1828 年 8 月 25 日 ( 9 月 6 日 ) 、 ロシ ア帝国カザン州チストポル 死没 1886 年 8 月 5 日 ( 17 )( 57 歳 ) 、 ロシア帝国カザン州スパスキー地区 研究分野 化学 出身校 カザン大学 ( 1849 ) 主な業績 有機物の化学構造理論の 創始者 教職 カザン大学 、 サンクトペテルブルク 大学
有機物の化学構造理論の創始者として 知られる「ブトレロフ派」の創設者 。 帝政 ロシアの有機化学者です 。
1970 年には物理学と数学の博士号を 取得 。 1972 年にソ連科学アカデミーの 補助会員に選ばれ 、 1979 年に正会員に 選ばれました 。 1989 年からロシア科学 アカデミーの副会長とサンクトペテルブ ルク科学センターのセンター長を務めて います 。
一方 、 彼は亡くなる前年までサンクトペ テルブルグ大学で教鞭をとっていまし た 。
彼の最大の業績は 、 化合物はただ 1 つの 化学構造を持ち 、 その構造によって化学 的性質が決定されているという概念をは じめて明確化したことです 。 ロシアでは「 ロシア化学の父」と評価されています 。

RSTR | 19