RSTR Magazine Issue #08 - Page 17

ТИМОФЕЕВ- РЕСОВСКИЙ Николай Владимирович 1920 年 モスクワのプレチステンスキー市民学校 において生物学の教授を務める 。 1922 年から 1925 年 にかけて実験生物学研究所において研 究員として働く 。 遺伝子の発生のメカニ ズムを研究し 、 一つの突然変異が生体 の外形に複数の変化をもたらす可能性 があるという結論を出す 。 「放射線生物 学のパラドックス」という概念を導入し 、 放射線技師を鉛製のエプロンで保護す ることを提唱する 。 1925 年 ドイツのカイザー・ヴィルヘルム学術振 興協会の招待によりドイツに移住し 、 脳 科学研究所において遺伝学・生物物理 学部の部長として働く 。 1930 年代 後にノーベル賞受賞者となるマックス・ デルブリュックと共に 、 初めて遺伝子構 造の生物物理学モデルを構築し 、 遺伝 子組換えの方法を提唱した 。 生誕 : 1900 年 9 月 20 日 , モスクワ 死没 : 1981 年 3 月 28 日 , オブニンスク 研究分野 : 遺伝学 出身校 : 第一モスクワ国立大学 学位 : 生物科学博士号 RSTR | 15